パーフェクト・サテライト・ライター“PSW”


文章自動作成ツール(PSW金融・投資版):7ジャンル別、2業種別、個人別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”

今では以下のとおり27分野のPSWがリリースされています

1.エステ版
2.美容版 Ver.2
3.スキンケア版
4.ダイエット版 Ver.2
5.健康食品Part1版
6.健康食品Part2版
7.健康食品Part3版
8.脱毛版
9.育毛版
10.婚活版
11.恋愛版 Ver.2
12.看護師版
13.投資版
14.車買取版
15.バイク買取版
16.自動車保険版
17.引越し版
18.レンタルサーバー版
19.プロバイダー版
20.クレジットカード版
21.キャッシング版
22.オンラインカジノ版
23.英会話勉強法版
24.健康・医学版
25.就職・転職版
26.歯科版
27.ヘアサロン版

今も昔も「文章量の多いサイトはグーグルのクローラーからは高く評価される」ということがあります。
そして、それは「パンダアップデート」によって、更に確実になりました。

また「ユーザーに役立つ検索結果を提供する!」というグーグルの基本理念を考えたときにも、文章量の少ないサイトよりも文章量の多いサイトの方が、「ユーザーに役立つと判断されやすい。」と言うこともあります。

1,000文字の文章と言うと、A4サイズの用紙がほぼいっぱいになるくらいの文章量になります。

そしてこの文章量をサイト上にアップロードしてみるとわかるのですが、本当にきちんとした情報の得られるサイトに見えます。

一方文章の質と言う観点から見れば、あなたが上位表示を狙っている検索キーワードと一致する単語や関連する単語の数が多い文章の方が間違いなく評価されやすいということがあります。
300文字程度の文章に含まれるキーワードと1,000文字に含まれるキーワードには、おのずと数に開きが生まれます。

だからと言って、300文字程度の文章にキーワードを詰め込むとスパム扱いされて、そのサイトばかりかそのサイトが被リンクを供給しているターゲットサイトまでもが検索順位を大きく落としてしまいます。
どう考えても1,000文字の文章を含んだサイトの方が上位表示されやすくなります。

もう一つ弊社がSEO業者として言えるのは、1,000文字くらいの文章量がないと、リンクを貼るにもスペースに余裕がないということが言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る