Multi Logic Interaction FX System-MLI【4つのタイプの売買ストラテジーであらゆる相場に適応する自動売買複合FXシステム】について

Multi Logic Interaction FX System-MLI【4つのタイプの売買ストラテジーであらゆる相場に適応する自動売買複合FXシステム】
Multi Logic Interaction FX System-MLI【4つのタイプの売買ストラテジーであらゆる相場に適応する自動売買複合FXシステム】
4つのタイプの売買ストラテジーであらゆる相場に適応する自動売買複合FXシステムMulti Logic Interaction FX System-MLIABOUTBACK-TESTINGSYSTEMPAYMENTCONTACTABOUTCHAPTER 1初めまして。
MLI開発担当の香川です。
4種類のロジックを搭載した全相場対応型自動売買システム、Multi Logic Interaction FX System-MLIの登場です。
通常の自動売買システムは数個のインディケーターを組み合わせた、例えば欧州時間のブレイクアウトを狙うような単独の戦術を採用しているものが多いと思います。
それは、一つのプログラムで複数の戦略を組むことが、プログラムの構成上、難しいからです。
FXや株式、先物に関係なく、ある自動売買システムを単独で使用するというのは、かなりリスクを伴います。
特に、ファンドマネージャーや機関投資家など、相当大きな資金を運用する立場になると、自動売買システムを単独で使用することはありません。
複数の戦略、さらには数多くのインディケーターを併用して、複合システムとして運用していきます。
なぜならシステムポートフォリオを組むことが、リスクを小さくすることになるからです。
単独の戦略としてシステムを作ることは、ある程度のスキルがあれば完成します。
しかし、そこには必ず落とし穴があります。
自動売買システムを構築する際に、売買シグナルの根拠となる売買ロジックの関数を最適化しますが、過度に最適化してしまうと、未来の相場に耐えることができなくなります。
特に単独の戦略だと、ちょっとした独特な相場の値動きで、バックテストにないようなドローダウンがすぐに訪れます。
そもそも単独の売買戦略で長期的な運用を行うことを想定する場合、綺麗な右肩上がりを実現させようとすること自体が、不可能なのです。
 相場というのはいつの時代にも癖があります。
実感されていると思いますが、リーマンショック以降は相場が荒れ気味で、ジェットコースターのような相場が毎日のように続いています。
リーマンショック前までは、新興国の経済発展等で世界経済は順調な右肩上がりでしたので、安定的なジリ上げ相場が継続していました。
このように、相場の癖は数年、数ヶ月単位でころころと変わるのです。
そういう不安定な相場は今後も続くこと、間違いないと思います。
これだけグローバル化が進むと、ちょっとした不安が増幅して、とんでもない不況となるリスクが常につきまといます。
うまく回れば相場は落ち着きますが、既に全世界が複雑で絡み合った状況に置かれていますので、今後も急激な変動相場が継続することは間違いないと思います。
 では、このような荒れ相場が続くこと間違いない今後の相場で、どのように勝てるシステムを作るのか?いろいろ悩みましたが、「どんな相場が来るか分からなければ、とりあえず、あらゆる相場を網羅するために、多くのストラテジー(売買戦略)を搭載したEAを作ればいいのではないだろうか?」という結論に至りました。
そして、1.ボラティリティーが小さい揉み合い相場が多いアジア時間帯でスキャルピングシステム2.欧州時間のトレンド相場を狙ったブレイクアウトシステム3.中期マクロトレンド方向にエントリーするトレンドフォローシステム4.前日のトレンド相場に一旦調整が入ることを狙ったリバースシステムこの4つのシステムを併用するシステムを完成させいました。
 元々、いろいろな戦略の売買システムを作った経験がありましたので、相場に順応するためにはどうしたら良いか?という発想をちょっと変えて、複数のシステムを合体させてできた自動売買システムです。



*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。


次世代型せどり・転売メゾット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る