FX風林火山 別冊 | FXで儲けられるようになる(FXで損をしないようになる)ためにについて

FX風林火山 別冊 | FXで儲けられるようになる(FXで損をしないようになる)ために
FX風林火山 別冊 | FXで儲けられるようになる(FXで損をしないようになる)ために
何故あなたは、FXで儲からないのか?何故あなたは、FXで損をしてしまうのか?あなたは、「それ」を明確かつ理論的に説明できますか?あなたは、本当に確実に「それ」を理解していますか?ハッキリ言いましょう!もしあなたが、明確に「それ(あなたが儲からない理由)」を説明できるならば、あなたは、FXで、きっと損をしていないことでしょう。
きっとあなたは、FXで儲かっているはずです。
あなたがFXで、儲かっていなかったり、損をしていたりするならば、あなたは、本当に「それ」をわかっているとは言えません。
はじめまして。
ZORO(ゾロ)と申します。
いきなり冒頭から偉そうに失礼な発言をして申し訳ございません。
私は2011年末にFX風林火山というマニュアルを執筆し、ご購入者の方々からは、非常にご好評を頂いております。
私自身、これ以上の内容は今後も執筆出来ないと思いますし、巷に溢れるどのFXマニュアルよりも優れていると勝手に自負しております。
そして、それは今後も変わらないし、ある意味、FX風林火山は、FXトレードにおけるリーサルウエポン(最終兵器)ではないかと、勝手に自画自賛している次第です。
(笑)ですので、あなたもFXで儲けたいならば、是非、FX風林火山を!と、言いたいところではあるのですが、そうは言っても、FX風林火山は非常に高額なマニュアルですし、また、FX風林火山を購入されなくとも、冒頭で申し上げた「それ」だけでも明確に理解ができるのならば、つまり、「あなたが何故儲からないのか」を、あなたが明確に理解できるのであれば、FXで儲かるようになる人も多いのではないかと思い、今回のFX風林火山別冊の執筆をすることにしました。
せっかく今の時代は、インターネット環境が整い、誰でも少額な資金でFXによって思い通りに儲けられる可能性を持っていながら、それを活かしきれていない人が多すぎるため、ひとりでも多くの方に、FXで確実に儲かるようになって欲しいと願っています。
そのために執筆をしたのが、このFX風林火山の別冊です。
FX風林火山の方法において、私がこだわったのは、勝率を限りなく100%にすることと、リスクを限りなくゼロにすることです。
FX風林火山以外の方法では、勝率を限りなく100%に近くすることは難しいですが、リスクを限りなくゼロにすることであれば、私の話をヒントにして頂いて、可能になる方も多いのではないかと思っています。
※ 但し、対象者は、FXの裁量取引をされている方です。
  自動売買ツール(EAなど)では、なんともしようがないかもしれません。
ハイリスクの真意そもそも、巷では、FX(外国為替証拠金取引)は、ハイリスク・ハイリターンな投資だと言われますが、FXのどこがハイリスクなのでしょうか?まず、「これ」については、明確に説明ができますか?「これ」については、理論的に矛盾なく理解をしているのでしょうか?多くの人が、「これ(FXはハイリスクであるということ)」について誤解をしています。
あるいは、誤解をさせられています。
FX以外の投資(株式投資やバイナリオプションなど)のマニュアルの説明ページを見ると、FXのようにレバレッジを利かせることがないため、手持ち資金以上に損失を出すことがなく、FXのようにハイリスクではないというような記述がなされていますが、上記の説明は、どこか矛盾していませんか?理論的に間違っていませんか?では、あなたに別の質問の仕方をさせて頂きます。
あなたは今までに、自分の手持ち資金以上の損失をFXで出したことがありますか?レバレッジが規制される前の2010年8月以前からFXをやっている方であっても、自分の手持ち資金以上にFXで損失を出した経験のある方は、ほとんどいないはずです。
少なくとも、私はそのような方を見たことがありません。
FXには、強制ロスカットというシステムがありますので、一気に資金の大半を失ってしまうという危険性はありますし、そのときに、相場が非常に大きく一気に動いたりすれば、思い通りに強制ロスカットもなされずに、可能性としては、手持ち資金以上に損失を出してしまう可能性もゼロではありません。
ですが、そんな稀なケースで損失を出した人のほうが少ないでしょう。
手持ち資金が10万円だったにもかかわらず、100万円の損失を出してしまった。



*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。


【ツイッター】あなたが使うべきものは○○!誰も思いつくことのできなかった、最大効率でツイッターマーケティングを行う方法を教えます!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る