見る人のハートをつかむ”スペシャルWebサイト”を作ろう(後編) (3) スペシャルWebサイトを「ソーシャル」機能でプロモーションする | マイナビニュース

スペシャルWebサイトが完成して公開しても、そのままでは人の目に留まりません。常設される「公式Webサイト」と異なり期間限定のキャンペーンやイベント告知などで用いますので、ツイッターやフェイスブックなど外部サービスを利用した「クチコミ」でスペシャルWebサイトの注目度を高めるのは重要です。ここでは各連携サービスの詳細や使い方にまでは踏み込みませんが、ソーシャル連携機能を簡単に追加できる「ウィジェット」の操作方法をご紹介します。

一番手っ取り早いのは、スライドテンプレートから[ソーシャル]というカテゴリのテンプレートを選ぶことです。開くとツイッターのつぶやきやアカウントのフォロー、フェイスブックの「いいね!」といったウィジェットがありますので、これを自分のスペシャルWebサイトで用いるアカウント情報に変更するだけです。ボタンの位置を調整したい場合、ドラッグ操作でも変更できます。

スライドテンプレートには[ソーシャル]というテンプレート集もあります。まずはここからイメージに近いものを選んでスライドを追加します。背景画像やテキスト部分は各自変更してください

ウィジェットの詳細画面を表示すれば、各ウィジェットに表示されるテキストやボタンの色などを細かくカスタマイズできます。また、ほかのスライドとデザインのテイストなどが異なっていたら、ウィジェット自体の変更や修正が必要となる場合もあるでしょう。その場合も、あらかじめ用意されたウィジェット一覧から選ぶだけなので作業は簡単です。

ソーシャルボタンは「ウィジェット」という単位で取り扱われます。ドラッグ操作で自由に配置を変更したり、歯車のアイコンをクリックして詳細画面からデザインや文字などを修正できます

なお、ウィジェットにはお問い合わせ用のコールボタンなどさまざまな種類が用意されています。マウスオーバーするとボタンがぷるぷると震えたりサウンドが鳴るものなどもあり非常にユニークです。利用者の気分になって必要なウィジェットを追加し、誰から見てもわかりやすく印象的なあなただけのスペシャルWebサイトを完成させましょう。

ウィジェットごと別のものに変更したり追加したい場合は、ツールバー部分の[ウィジェットの追加]をクリックしてウィジェット一覧から連携サービスや機能ごとのウィジェットを選んで追加します。修正が終わったらWebブラウザで表示を確認し、TwitterやFacebookなど連携サービスが動作するかチェックしましょう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る