ポリバレントFXについて

ポリバレントFX
ポリバレントFX
ポリバレントFXはゴールデンクロスで買い・MACDがマイナスで売りのようなものではなく、「買い」と「売り」のシグナルが明確に出ます。
上昇トレンドでの一時的な下落(押し目買い)、下降トレンドでの一時的な上昇(戻り売り)を狙いますので、高値掴みや叩き売りをしてしまうことはありません。
ポリバレントFXでチェックするのは売買シグナルとトレンドだけです。
トレンドも専用のインジケーターですぐに確認できます。
複数の時間足やローソク足、その他細かいところまでチェックする必要はありません。
従来のインジケーターは一度シグナルが点灯してもその時間足が終わるまでシグナルが消滅する可能性がありますが、ポリバレントFXは一度シグナルが点灯すれば消えることはありません。
時間足が終わるのを待たずに点灯したらすぐにエントリーできます。
利益を増やすためにはすべての売買シグナルでエントリーするのではなく、相場の状況(トレンド)次第ではエントリーを見送る必要があります。
次にエントリーするかどうかの判断も色(青か赤)と場所(上段か下段)を見ればすぐにわかりますので、裁量はほとんど必要ありません。
トレンドに従ったトレードですので、トレンド相場向きですが、短期的には逆張りになりますので、レンジ相場にも対応できます。
限られた時間でもスキャルピング(〜15分足)でトレードできますし、毎朝チャートをチェックすれば、スイングトレード(日足)もできます。
ユーロドルだけでなく、ユーロ円やポンドドルなどでもトレードできます。
MetaTrader4とはMetaQuotesSoftware社が開発したチャートです。
高性能で便利なチャートですが、無料で利用できます。
 売買シグナルをメール配信することができます(携帯メール可)。
この機能を利用するためには、その間Metatrader4・パソコンを起動させておく必要がありますが、外出中に携帯・スマホなどでトレードできます。
また、アラート(音を鳴らす)機能もありますので、他のパソコン作業中にトレードすることもできます。
さて、この相場の天底をとらえ、利益を次々とゲットする超簡単売買シグナルポリバレントFXの内容を知りたくないですか?そこで、「FXで効率よく継続して稼ぐ方法を知りたい!」というあなたにだけ、ポリバレントFXの内容を包み隠さずにお伝えいたします。
ポリバレントFXのなるメインのシグナルとトレンド表示型のインジケーターがあります。
ポリバレントFXのインジケーターをすぐに設定できるよう、テンプレートを用意しました。
どこで売買するのかなど、ポリバレントFXの明確な売買ルールを図解付で説明いたします。
もちろん、Metatraderを使ったことのないFX初心者のためにMetaTrader4のインストール・ダウンロード方法からインジケーターやテンプレートを導入する方法も説明いたします。
以上がポリバレントFXの内容ですが、もちろんこれだけではありません。
 豪ドルの底値を拾う長期投資(月足)専用のテンプレートを用意いたしました。


*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。

WordPressテーマ「Gallery (TCD012)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る