スキャルピングの打率を安定させるための売買ルールとは?!売買ロジックが必要なこれだけの理由について

スキャルピングの打率を安定させるための売買ルールとは?!売買ロジックが必要なこれだけの理由
スキャルピングの打率を安定させるための売買ルールとは?!売買ロジックが必要なこれだけの理由

打率を上げるために勝ち組トレーダーがやっていること エントリーの待ち時間の長い1日の効率的な過ごし方! 雇用統計前の1週間、市場では何が起こっている? ADP雇用統計発表時の、おどろきの値動きとは? レジスタンスはこうして作られる?!その仕組みとは? レジスタンスは何分足で見る? レジスタンスを抜けた後の動きを利用したエントリーテクニック! ルールを有効に使えるような時間帯が、いつでも巡ってくるとは限りません。
トレードチャンスがなかなか来ない日、トレーダーはどう過ごせば良いのでしょうか? 待ち時間の長い日、飽きたり焦ったりして、無駄なトレードをしてしまったことはありませんか? 時には、リラックスしてチャンスを待つ事も必要です。
週末に米国の横綱クラスの経済指標、「雇用統計」を控え、市場は様子見ムードでした。
そう、値動きそのものがおとなしかったのです。
大きい意味でのレンジ相場、高値も安値も上抜けず、何度も上下動を繰り返されたとき、為替鬼は?100打数0安打になりがちな間違ったトレード方法 とうとう、1日のうちにチャンスがやってきます。
そのタイミングはどう見分けるのか? 多くの経済指標は、冬時間なら夜9時30分の発表が多いのですが、 今回のADP雇用統計の発表は、夜9時15分でした。
にもかかわらず、より動いたのは、意外な時間帯でした。
簡単には読みづらい指標ごとのクセ、突然の値動きにも為替鬼は余裕をもってトレードします。
未来が見えないから難しい。
損切りもいとわず待っているほうが良い時もあれば、 逃げたほうが良い場合もあります。
ロット管理も解決方法のひとつ! ほんのひと工夫でFXはもっと楽に勝てる?! 世の中のFX必勝法では、100打数0安打という結果に終わってしまうものが、残念ですが実在します。
為替鬼の売買ロジックは、打率安定のためのルール通りだけでない「もう一工夫」がポイントです! 中途半端なエントリー、不完全な位置でのエントリー、入らないほうが良いエントリーとは? こちらもぜひこのFXセミナーで確認してください! セミナー講師自己資金75,000円から、FXを開始して、わずか数年たらずで資産2億円を築いたプロの個人投資家。
短期で取引を行うスキャルピング手法を得意とし、リスクを最小限に抑え、利益を積み上げる手法がFX初心者から上級者まで、幅広く支持を得ている。
リアルトレードの傍ら、書籍の出版活動や有名投資雑紙関連の取材、コラム連載、証券会社からのセミナー活動を積極的に行うなど、トレード以外にも、多方面で活躍中。
これまでに2千人以上の投資家に対して、セミナーや投資コンサルティングを行い、現在も自身のトレードを継続しながら個人投資家に対して投資教育を行う。
勝率80%を超える圧倒的な実績で、FX個人投資家からの支持も厚く物腰のやわらかい人柄と、丁寧かつ、再現性の高いトレード解説でファンが多い。
ブログ、YouTubeで、日々のトレード結果や、トレードテクニックの解説を行いながら、一人でも多くの投資家が、FXで経済的自由を得られるようトレーダーの育成や投資教育に力を入れている。
総額1億円以上稼いだ実績を公開。
クリックすると画像が別ウィンドウで開きます。
商品概要 画僧はイメージですスキャルピングの打率を安定させるための売買ルールとは?!売買ロジックが必要なこれだけの理由 為替鬼が打率を高めるために密かに実践してる極秘テクニックセミナー収録時間:31分41秒商品形態:ダウンロード版販売:スキャトレ価格:¥1,000・商品受け取り方法ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品ファイル(PDF)をダウンロードしてください。
商品ファイルに、セミナー動画の視聴URLを記載しております。
・お支払方法お支払い方法は、クレジット決済、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、Bitcashがご利用いただけます。
購入手続き完了後、購入に関する自動返信メールが届きますのでご確認ください。


*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。


アフィリエイト全般 MKUNIVERSE アクセスアップ応援します


アフィリエイト全般 MKUNIVERSE アクセスアップ応援します

FX 用語集 for androidアプリ-初心者用FX解説
FX 用語集 for androidアプリ-初心者用FX解説価格:¥ 0



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る