通信制高校で次のステージへについて

通信制高校で次のステージへ
通信制高校で次のステージへ
通信制高校ねくすと学費で比較する通信制高校5月 30th, 2014公立の通信制高校はおおよそ年間1万円から3万円程度で受けることができます。
しかし私立は通信制高校の問題点などを改善すべくカリキュラムを作っていますので、学費も高い傾向にあります。
またその指導方法などの違いにより、学費も様々です。
中には卒業率100%を誇る学校も私立には存在していますので、高い安いというのは、捉え方も様々になるでしょう。
<タイプ別に見る通信制高校の学費の高低>私立の通信制高校には、通信制によるシンプルなものから、サポート校の行っている役割も同時に提供しているものまで様々です。
シンプルなものであれば、年間20万円前後の学校もあります。
大学進学を目標として、学習に対するフォロー重視というと、30万円前後のものが多く見られます。
自主性を重んじつつ、スクーリングなどにも力をいれているのであれば、年間30万円、40万円の学費となります。
登校を促進するような指導に力をいれている学校であれば、年間50万円から60万円。
個別指導を重視していると、100万円前後というものもあります。
こういった特徴のある通信制高校であると、サポート校の役割も担うものとなっています。
通信制に求められるものが「卒業の資格だけではなく、それ以外の学生としての学びも得るべき」と考えるのであるならば、自分に必要な部分のフォローが手厚い学校を選ぶというのも手段として有効です。
カテゴリー: 通信制高校 | コメントはまだありません全日制や定時制とは異なる通信制高校の仕組み6月 23rd, 2015通信制高校での学習は、主にレポートを提出することが基本となります。
高校卒業の資格を取るためには3つの方法があり、そのうちの1つが通信制です。
もう2つは、皆様もご存知の通り全日制と定時制です。
これらの明確な違いは、学校に直接出席することが求められるかどうかです。
それ以外の違いを説明しながら、通信制高校とはそもそもどういう仕組みなのかをご説明いたします。
<通信制高校では基本的に出席はない>通信制高校では出席ではなくレポートの提出が基本となるので、自習が主な学習方法となります。
なぜかというと、全日制や定時制に見られる学年制ではなく、単位制を取っているからです。
そのため、イメージ的には出席する代わりにレポートを提出する大学のようなものです。
また、単位制のため、なんらかの事情で中途退学をされた方はその年数までの単位を引き継ぐことができます。
高等教育を始めから学びなおすというのは時間が掛かってしまうため、時間がない方でも自分のペースで学べるというのが、通信制高校の良いところです。
<例外として出席をすることもある>通信制高校では、直接学校で学習活動を行う「スクーリング」と、レポート指導がある程度まで進むと行われる「試験」があり、どちらも学校に行かなければいけません。
なぜかというと、座学だけでなく体育の授業があることや、単位を取るために試験を受ける必要があるからです。


*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。
めちゃくちゃ売れてるマネー誌ダイヤモンドザイと現役東大生が作ったFXノート [ 瀧口友里奈 ]めちゃくちゃ売れてるマネー誌ダイヤモンドザイと現役東大生が作ったFXノート [ 瀧口友里奈 ]
価格: 円

WordPressテーマ「Gallery (TCD012)」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る