うねりPro 2013について

うねりPro 2013
うねりPro 2013
相場を全く予想しない両建て型のEA うねりProが、2013年を迎え進化。
みなさんもご存知の2012年11月からの 一方的なクロス円相場の上昇。
『日銀金融規制緩和』 『QE3の実施』 『アベノミクス』 いくつかの要因が重なりクロス円は一方的な 上げ相場に。
まさに歴史的な出来事。
しかし歴史的な出来事が最近は頻繁に起こる。
サブプライム リーマンショック ギリシャショック 東日本大震災 日銀為替介入 ユーロ危機 これらの危機はこれからも訪れる。
これらの危機を乗り越えるEAが必要。
それが うねりPro である。
まずはドル円のバックテストの 結果を見てほしい。
■バックテスト期間 2010年1月〜2013年1月   ■うねりPro設定  デフォルト/月末クリアー無     結果は惨敗。
しかし月末クリアー(強制)と新機能である ポジション相殺機能 を有効化するとこんな感じになる。
破綻することなく善戦している。
バックテスト完了時点(2013/1/22)でも、 『売りポジション』は 1ポジション(0.01ロット) のみであった。
この 『月末クリアー』 と 『ポジション相殺』 の組み合わせはナンピンEA史上最強 ともいえる機能である。
以下の通貨ペアのバックテストの結果も ご覧頂きたい。
いずれの通貨ペアの結果も 含み損が低く抑えられている。
月末の強制ポジションクリアーにより 一ヶ月間で抱える含み損の大きさで 損切りできていることが要因である。
新機能のポジション相殺機能は 最新のポジションの損益と 最古のポジションの損益を 相殺する機能 であり、 オープンポジションの平均価格を 相場に近づけながら ロットの大きさを軽減する効果がある。
ナンピンEAに課せられた 『アベノミクス』との戦いに クロス円で望み、善戦。
今後これ以上の一方的な相場が 到達するか? 到達しても、、、善戦できるはず。
前作 うねりFXからの追加機能 EAを起動したレートが基点となる。
そのため大きなトレンドが 発生している場合などは、起動を避けることが懸命である。
無理やりその場に合わせてEAを起動してもリスクを負うだけである。
上下120pip(デフォルトの場合)のレンジのうねりをとりまくる。


SEOとPPCのプロ集団が作ったアフィリエイト専用テンプレート「エッジプラス1」。”こんなの欲しかった~”というコンバージョン重視設計のWPランキング、ブログタイプ。HTML版のランキング、全国マップタイプをご用意しています。すべてレスポンシブ対応!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ